デジタルサイネージの導入ならサイバーステーションへ

リリース
2011年3月8日
サイバーステーション株式会社
サイバーステーション、「ハルヱとケイジdeデジサイン」に機能追加
「人が話をする」コンテンツ作成機能を標準で搭載
~より伝わる、リッチなコンテンツ作りを実現~

デジタルサイネージメーカであるサイバーステーション(本社:石川県金沢市、代表取締役社長:福永 泰男、以下 当社)は、2009年3月より販売しておりますデジタルサイネージシステム(商品名:デジサイン)の1ラインナップである「ハルヱとケイジdeデジサイン」(以下 ハルデジ)に、人が音と絵を使ってわかりやすくコンテンツを紹介する機能「PIP Maker (ピー・アイ・ピーメーカー)for デジサイン」(以下 PIP Maker)を標準搭載致しますので、お知らせいたします。サービスの開始は、3月10日からとなっております。

背景と概要

リッチコンテンツのマーケティング活用において、新しい手法として注目されているのが、「PIP (Person In Presentation)」です。PIPとは文字通り、プレゼンテーションの中に人がいるFlashコンテンツのことで、そこに登場する人は、テレビショッピングのように商品の説明、サービスを解説します。主な利用用途は
1. 「ブランディング」
2. 「ナビゲーション」
3. 「プロモーション」
4. 「商品説明」の4つです。

当社のデジサインは、国内販売実績が1,200台以上となり、現在も沢山のご導入希望のご依頼をいただいている状況です。特に、金融機関や病院、調剤薬局などでのご導入が増えており、“伝わるコンテンツ”の提供が課題となっておりました。デジサインにおいても、上記4つは欠かせないものであり、わかりやすいコンテンツを追求した結果、PIPにたどり着きました。
今回の機能追加により、さらに効果的なコンテンツを創ることができるようになり、デジサインは、本当に永くご利用いただけるサイネージへと進化してまいります。

商品概要

本技術の開発にあたりましては、株式会社4COLORS(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:加山 緑郎)のFlash技術を利用した音声ストリーミングで「しゃべるアバター」技術の提供により、当社でデジサイン用に開発を行いました。

具体的には、ハルデジをご導入いただいたお客様がお手持ちのPowerPointデータを管理画面で設定登録頂くことにより、アバターが説明要員となり、音声を使って商品などの説明を行うというものです。
お客様は、難しい操作なくリッチなコンテンツをお使いいただけます。
サンプル映像: http://www.cmasp.jp/pipmaker.html#movie

商品詳細
対象 ハルヱとケイジdeデジサイン
http://www.cmasp.jp/news/20100907.html
必須アプリケーション PowerPoint2003/2007/2010
音声の多言語対応 日本語3種類、外国語25種類
アバター(人物映像) 18種類、44パターン
背景 9種類
BGM音源 80種類
オプション ・オリジナルアバターの作成
・高品質外国語音声合成
活用シーン
病院など待合での院内説明、ショールームでの商品紹介、店舗カウンターの商品紹介、オフィスサイネージ、社内教育活用
その他
ForteD-signPlug-inにも対応
デジタルサイネージを導入したらすぐにコンテンツを作成し、表示したい。そんなニーズにもお応えします。
お問い合わせ
【本リリースに関するマスコミ問い合わせ窓口】

サイバーステーション株式会社 社長室
広報責任者: 福永 真子
TEL : 03-5298-2196

【本製品の販売に関する問い合わせ窓口】
サイバーステーション株式会社 システム営業統括事業部(石川・東京)
TEL:076-267-2192(本社) 
   03-5298-2192(東京支店)


【サイバーステーション株式会社 会社概要】
会社名 サイバーステーション株式会社
本社所在地 石川県金沢市鞍月四丁目187番地
代表者 代表取締役社長 福永 泰男
資本金 7,350万
事業内容 デジタルサイネージシステム開発、システム開発業務

※本プレスリリースに記載されている会社名および商品・サービス名は各社の登録商標または商標です。
※ニュースリリースに記載されている内容は、報道発表日時点の情報です。ご覧になった時点で、内容が変更になっている可能性がありますので、あらかじめご了承下さい。