デジタルサイネージの導入ならサイバーステーションへ

リリース
2016年3月30日
サイバーステーション株式会社
本格化する「オフィスサイネージ」需要へ対応するために
デジサイン®×オフィスサイネージ All-in-One スターターキットを販売開始。
価格は198,000円~必要な機器を自由に組み合わせることが可能

サイバーステーション株式会社(本社:石川県金沢市、代表取締役社長:福永 泰男、以下、当社)は、デジサイン® × オフィスサイネージ All-in-One スターターキットの販売を開始。本日より受注を開始、4月1日以降順次出荷いたします。本格化するオフィスサイネージ需要へ応えるために、ディスプレイ、STB(サイネージプレイヤー)、ディスプレイスタンド、ケーブル、コンテンツデザインテンプレートをパッケージ化。設置したその日から、すぐオフィスサイネージの運用を開始することができます。

企業のオフィス内、工場や倉庫などにデジタルサイネージを設置し、社内の情報共有を加速します。
インナーコミュニケーションに大変革をもたらす「オフィスサイネージ」は、社内広報デジタル化の流れの中で、これまでにない情報共有ツールとして注目を集めています。

オフィスサイネージが情報共有に有効な理由
サイネージの持つ強制視認効果により、従業員の目に留まりやすい場所に設置されたオフィスサイネージで繰り返し表示される情報が自然と社員へ認知されていきます。社内で共有すべき情報は、イントラネットに上げる従来の方法から、オフィスサイネージで共有するスタイルへと変わりつつあります。社員自らが情報へアクセスするのではなく「情報が社員のいるところへやって来る」、それがオフィスサイネージの特長です。

デジサイン®×オフィスサイネージ All-in-One スターターキットについて
ディスプレイ、STB(サイネージプレイヤー)、ディスプレイスタンド、ケーブル類を自由に組み合わせたハードウェア構成にオフィスサイネージ向けのコンテンツデザインテンプレートをパッケージした内容となっています。



※3 価格はいずれも税抜です。
※4 設置工事費は含まれておりません。(デジサイン®の設置・導入はカンタン、お客様ご自身でも可能です)
※5 インターネット回線が必要

※ディスプレイはお客様が既に保有するもので代用することもできます。
(その場合、ハードウェアはSTBのみ新規に購入)
※工場や倉庫など、可搬型の機器が求められる場合や省スペースでディスプレイを設置する場合はデジサイン®Tabをインストールしたタブレット端末を活用したり、超小型スティックPCタイプ※のプレイヤーもあります。 ※4月発売予定

コンテンツテンプレート
オフィスや工場などで良く使う事例に基づいたテンプレートをご用意しています。パワーポイントで作成する画面なので、お客様ご自身で簡単に内容やデザインの変更が可能です。
テンプレートは、テキストの大きさ・内容やデザイン・配色などを自由に変更することが可能です。


デジサイン®×オフィスサイネージ All-in-One スターターキットの詳細は下記のホームページをご参照下さい。
http://digisign.jp/officesignage/starter-kit/
また、オフィスサイネージの導入事例については、下記のURLからご参照いただけます。
http://digisign.jp/officesignage/case/

以上

お問い合わせ
【本リリースに関するマスコミ問い合わせ窓口】

サイバーステーション株式会社 マーケティング部
田島 浩史 
TEL: 03-6865-1252 
E-mail:pr@cyberstation.co.jp


【サイバーステーション株式会社 会社概要】
会社名 サイバーステーション株式会社
本社所在地 石川県金沢市鞍月四丁目187番地
代表者 代表取締役社長 福永 泰男
資本金 8,000万円(2015年10月現在)
事業内容 デジタルサイネージシステム開発、システム開発業務

※本プレスリリースに記載されている会社名および商品、サービス名は各社の登録商標または商標です。
※ニュースリリースに記載されている内容は、報道発表日時点の情報です。ご覧になった時点で、 内容が変更になっている可能性がありますので、あらかじめご了承下さい。