<< 前のエントリトップページ次のエントリ >>
2012年02月22日

デジサインTabはプレゼンテーションソリューションではありません!

サイバーステーションの福永です。
先日、大塚商会様の実践ソリューションフェアのセミナーで登壇をさせていただきました。
大塚社長はじめ、スタッフの皆様!ありがとうございました。
今回登壇した内容は、「デジサインTabを活用した企業での業務生産性向上」についてお話をさせていただきました。

そこで、よく勘違いされている話があるので今日はその点についてふれたいと思います。

お客様からよく言われることとして、「デジサインTab」はプレゼンテーションソリューションですか?とよく言われます。
しかし、当社のコンセプトは全く違うソリューションとお伝えしております。

デジサインは端末、ファイル(コンテンツ)をコントロール、監視・観測が出来ます。
そのことにより、遠隔地にある端末の情報を把握でき、どのコンテンツがどの場所でどれくらいの時間を使い閲覧されているのか、また、そのログデータを別のBI等のツールにも転用できます。
また、ファイルは指定された端末に転送や時間帯による時間実行が可能となり、強制的にコンテンツを再生するなどのコントロールが可能なプラットフォームです。

元々、デジサインTabの開発するきっかけは、当社でも問題になっていた「ガバナンス」の効果が出ず生産性が向上できない当社の現場を打破したい!という思いからでした。

その後、大手上場企業の社長や経営陣から地元のベンチャーや中堅企業の経営者にもお話したところ、皆同じ思いで困っているという事がわかりました。

また、調査データを調べたところ、グループウェアやCRM等の導入をし、情報共有を行っても80%の企業が「情報共有がうまくしていない」「満足していない」と答えています。

デジサインシリーズはそういう思いから脱却したいと願い、効率的・効果的情報共有こそが企業の生産性を高める事を知っている人のための唯一のサービスであると考えております。

ですから、デジサインは端末、ファイルのすべての情報を管理しコントロールする必要があります。

簡単に申し上げると、現場視点のソリューションではなく、企業や経営者の為のソリューションである所から、プレゼンテーションソリューションではないと申し上げておきまして、私のblogを終わります(^ ^)


 弊社(社内利用中)のデジサインTabでのアーカイブ再生ログ情報「地域別再生ランキング」

その他に、「年間再生集計」、「曜日再生集計」、「時間帯別再生集計」、「素材別再生ランキング」、「素材別再生時間ランキング」、「カテゴリ別再生ランキング」、「 端末別再生ランキング」でのログ情報を見ることが可能です。 営業は毎日ドキドキです

地域別再生ランキング

投稿者:福永at 15:16| 社長のつぶやき