<< 前のエントリトップページ次のエントリ >>
2014年06月18日

【リリース情報】

  デジタルサイネージの新モデルを6月18日より販売開始
  〜多様化する市場ニーズに対応したハイスペックな配信端末を提供〜
     
デジタルサイネージメーカのサイバーステーション株式会社(本社:石川県金沢市、
代表取締役社長:福永 泰男)は、2009年3月より販売しているクラウド型デジタル
サイネージシステム(商品名:デジサイン、以下、デジサイン)の配信端末、
セット・トップ・ボックス(以下、STB)のハイエンドモデルを6月18日(水)より
販売を開始いたします。商品名は「デジサインSTB3PRO」、
希望小売価格138,000円(税別)となります。


【背景と概要】
市場において、お客様の多様化するニーズに対応するため、様々なソフトウェアや
サービスを提供して参りました。
近年、デジタルサイネージは表示機器の枠を超え、お客様の業務課題を解決する
ビジネス・ソリューションとして活用が広がってきています。
金融業界では勘定系システムと連携した「金利表示」、医療機関では受付システムと
連携した「順番待ち番号表示」、文教やオフィスではグループウェアなどの施設予約
機能と連携した「会議室利用案内表示」、工場では生産管理システムと連携した
「生産予定・実績表示」等、お客様毎にシステムのカスタマイズや保守サービスの
提供が必要となってきています。当社はデジタルサイネージシステムを、多様化する
お客様のニーズに対応する、トータルなシステムインテグレーションサービスとして
提供しています。


◆リリース内容は↓
http://digisign.jp/news/20140618.html?mail=p140618

投稿者:digisignat 15:03| 最新情報